使い捨てコンタクト

ドライアイは、コンタクトを装着するによってもなります。コンタクトレンズについていえば、ハードと比較してソフトレンズの方がドライアイが生じやすくなります。どうしてかというと、ハードと比較してソフトをつけたほうが目の表面の涙が蒸発する量が多くなるためです。
慣れ親しんでくると次第に、どうしてもコンタクトレンズの着脱が雑になってしまい、トラブルが発生してしまいがちです。とりわけ使い捨てタイプのレンズが要注意かもしれません。耐用期限を過ぎた状態で装着し続けたり、コンタクトレンズを付けたまま眠ってしまったり、さまざまトラブルの可能性は考えられます。初期の慎重さを忘れないようにレンズを利用してみましょう。
眼科関係の病気の中で比較的見られるのが結膜炎です。みた状況としては、まず目が少し変な感じがしたり、目が真っ赤になったり、目やにがたくさん分泌されたりすることもありますが、そのうち目がとても痛くなったり涙がやたらにあふれるようになることもあり、瞼の裏に白いボツボツができたりしてしまいます。
万が一コンタクトレンズを装着して眼球の充血などトラブルが出るようなら、眼科医にすぐに足を運んだ方がいいです。アレルギーの疑念があるため、丁寧に調べないと症状は悪化していくばかりです。アレルギー反応があるならば、そのアレルギーを抑えてくれる目薬を出してもらってください。

万が一コンタクトレンズが合っていないと思ったら、しっかりとした眼科医の下に出向いた方がいいと言えます。今使っているコンタクトレンズが全然体に適していない場合も十分にあります。体に適していないコンタクトレンズを使用し続けると目に重大な疾患が発生したりするので、すぐに対処してください。
コンタクトのアレルギーがあると言われたら、速やかに眼鏡に変えた方がいいです。仕事柄無理なら、医師に頼んで、目薬などを出してもらいましょう。同時にコンタクトや洗浄液をあれやこれやと試して、目に負担の余り出ないレンズを選びましょう。

カラーコンタクトにおいて酸素の通過の割合を測定した数値を酸素透過率といいます。品質のよいコンタクトの方がやはり角膜にかかる負荷は少ないため、コンタクトを選ぶ場合にはできるだけ品質の優れた商品を購入しましょう。
目が見えなくなる兆候としては、見える範囲が悪く感じたり、いつもより周りが黒っぽく見えたり、すごくまぶしく感じるなどするようです。そのような状態に加えて眼球に異変を感じだしたら、無条件に眼科で診察を受けましょう。そうしないと後で取り返しのつかないことになる可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です