韓国で大人気のカラコン

毎日のケアが悪いと、コンタクトレンズの寿命はどんどん縮まります。通常はハードのコンタクトで2年ほど、ソフトレンズで1年半ほどが寿命と考えられます。毎日のお手入れをしっかりとやって、コンタクトレンズを利用しない時間を増やせば、寿命いっぱいは利用が可能になります。
もともとはガラスでできていたコンタクトレンズです。その後硬いプラスチック素材になり、さらにその後は柔らかいプラスチック製になりました。さらに20世紀も末期になると使い捨てに進化します。今現在は柔らかいプラスチックで使い捨てできるコンタクトがメジャーです。
コンタクトレンズ用にさまざまなお手入れ用の用具が売られていますが、ハードのレンズもソフトのレンズも一般的には専門の液体にひたして、消毒・殺菌・洗浄を行ないます。毎日捨ててしまうタイプならば、もちろん消毒・殺菌・洗浄はやる必要がありません。つけおきの手入れが面倒くさい場合は、使い捨てタイプの製品を使うといいです。
就寝中にオルソケラトロジー用のレンズを使用することを通して目の見え方を改善する方法であるオルソケラトロジーは、ちょっと寝づらさを感じることもあります。しかし、就寝中にレンズが改善されて瞳孔から正しく情報が入ってくるため、次の日になると非常にはっきり見える画期的な手法であるといえるでしょう。

柔らかいプラスチック素材で作られるソフトタイプのコンタクトレンズです。眼球への吸着感も良く、装着後の痛みもほとんど0です。ただし、眼にぴったりと密着するので、眼が酸欠になってしまうリスクも報告されています。その弱点を克服するべく、レンズの研究者は頑張っています。
しっかりと硬さのあるプラスチックのコンタクトレンズをハードコンタクトと言います。ハードなだけあり、眼球に付けると違和感がある場合もあります。特に眼球に砂が混入した場合は、かなり不快な感覚が出ます。とは言え、ハードタイプのコンタクトは空気を通しやすいため、眼の酸欠があまり起きません。

安心してコンタクトレンズを購入する方法についていえば、専門医が案内してくれた店舗を介して買う方法と、コンタクトレンズの取り扱い店において購入する方法に分かれます。レンズは目にじかに装着するものなので安心できるところで買うようにした方がいいですね。
今のコンタクトレンズは使い捨てが主流です。1日で使い捨てるタイプも売られていますし、2週間ほどで使い切る商品も売られています。使い切りの商品は常時新品の状態のレンズを装着できるので、目玉にはきれいでいいと言えます。ただし、耐久力は余り高くありません。使用期限を守って使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です